超音波エコー

超音波エコー検査とは?

最新超音波エコー

超音波エコー検査では、機材と画像を構築する技術の進歩により、鍼灸治療を行う上でも、いわゆるトリガーポイントや筋膜などの軟部組織が、関係する痛みなのか?血流増加などの炎症所見があるのか?骨折や血腫や腫瘍があるのか?刺鍼部位に肺や血管や神経はないか?を判断することは極めて重要です。つまり、鍼治療が適応する痛みなのかどうかを、これまでの経験値に加えてエコーを用いることで、その精度を向上させることができます。 また、治療部位の適切な同定のためには、圧痛と患部の動きが重要ですが、それにもエコーが役立ちます。圧痛部位が実際はどの部位なのか?動かした時の痛みは、どの部位が実際に動いているのか?をエコーで観察できます。つまり、より適切かつ有効的な鍼治療を可能にするのです。

当院では治療院業界初導入の最新の超音波エコー機器 ソノサイト エッジで検査を行っており、検査結果による説明をおこなった上で、患者様に最適な治療をさせて頂きます。(状態によりましては、提携の医療機関をご紹介させていただきますのでご安心ください。)

エコー画像

今までは、治療者の経験則や勘、イメージで治療をしていた鍼灸治療でしたが、超音波エコーを用いることで鍼先や身体の中の状態を観ながら治療することが可能になりますので、安心、安全、的確に鍼治療がうけられます。※必要な部位に応じて使用します。

超音波エコー3つの特長

1.人体に無害であること。

レントゲンやCTと異なり、人体に直接放射線を浴びることがありませんので、小さなお子様や妊娠中の方でも安心してご使用いただくことができます。また、人体に無害なので、繰り返し使用して経過を観察することができます。

2.リアルタイムで状態を確認できること。

筋肉や関節を動かしながら観察できるので、よりリアルに患部が検査できます。

また鍼先や身体の中の状態を観ながら治療することが可能であり、一般的には刺鍼できない部位でも安心して治療ができます。

必要に応じて、動画や画像を保存することもできます。

3.筋肉、腱、靭帯などの軟部組織の観察に優れています。

レントゲンやCTには映らない痛みの原因、つまり観察が不可能なトリガーポイント、筋線維、靭帯、腱などの軟部組織が原因の場合、この超音波画像診断装置/エコーが大変有効です。

超音波エコーを使用した患者さんの声

  • 今までわからなかった痛みの原因(筋膜、トリガーポイント)が目でみえるので納得できる!
  • エコー画面をみて説明が聞けるし、治療の経過も画像でみれるのでわかりやすい!
  • 通常では打てない場所でもエコー画面を観ながら、安全に治療してくれるので取りきれない症状が良くなる!
  • エコー画面をみて、トリガーポイント以外(炎症や血腫)が原因の時は、近隣の病院を紹介してくれるので安心できる!
  • 血の流れも良くなったのが、目で見えるので満足感が高い!

超音波エコーと鍼灸

導入機器