理念

理念(経営目的)

スローガン

  • 「夢をもち、明るく熱く前向きに、たった一度の人生を楽しもう!」

YTP使命

  • 「ファシア施術、超音波エコーを用いてひとりでも多くの慢性疼痛患者様のお役に立つこと。」

YTP社是

  • 「スタッフ、患者様、経営者、家族みんながありがとうと言い合えるいい会社を創りましょう。」
  • 「ひとりでも多くの鍼灸師が活躍できる環境をみんなで創りましょう。」

トリガーポイント鍼療法との出会い

学生の頃、森田義之先生(臨床TP研究会代表)とご縁をいただき、初めてトリガーポイント療法を知りました。
三鷹にある、もりた鍼灸院まで治療をうけにいき、トリガーポイント療法を体験し、その圧倒的効果に感動しました。
その時森田先生が、「俺にお礼はいらないよ。いつか君にも後輩ができたらTP療法を伝えてほしい、
俺はトリガーポイント療法を広めたいだけだから。」とおっしゃった言葉に感銘をうけ、
卒業後森田先生の元でTP療法を本気で学びました。
10年間、森田先生のもとで学ばせてもらい、そして共にトリガーポイント療法を広める活動(臨床TP研究会)をさせていただきました。

臨床現場で慢性疼痛の現実を知る

現場で治療にあたっていると、本当に多くの方が痛み、シビレで苦しんでいることがわかりました。
そんな方達をたくさん診させていただくと、疑問が湧いてきました・・・。
例えば、ヘルニア、脊柱管狭窄症根型、坐骨神経痛、すべり症、半月板損傷、むち打ち症、椎間板&軟骨のすり減りなど、
MRI、レントゲン、血液検査で異常がなく原因がわからない、痛み止めも服用しても変わらない、
手術しても痛みがとれない、そんなさまざまな症状の患者さん達に、トリガーポイント鍼療法をするとみるみる改善していく。
それは、何故か?
原因はトリガーポイント(ファシア)ではないか?
今の痛み医療はトリガーポイント(ファシア)を軽視しすぎてはいないか?
その疑問がたくさんの患者さん達を治療していくうちに確信に変わりました。
患者さまの「痛みから解放された」という喜びの声も然ることながら、
たくさんの治療方法がある中で一番効果がでたからです。

超音波エコーとの出会い

2013年ご縁があり筋膜性疼痛症候群研究会(MPS研究会)の鍼灸師役員に就任しました。
MPS研究会に参加させていただくなかで、超音波エコーの研究や勉強会をキッカケに、
超音波エコーを知ることになり、「鍼灸師でも扱える道具であること」、
そして「これからの鍼灸師にとって必須な道具になること」を学ばせていただきました。

日本超音波鍼灸協会設立

さまざまな人とのご縁のお蔭で、私の役割、理念、使命を強く考えるようになり、
守破離の原則に従い森田師匠から卒業し、理念を叶える活動をする決意をいたしました。
2015年に私の思いに賛同・共感してくれた仲間、スタッフ、研修生達と一般社団法人 日本超音波鍼灸協会(JAU)を立ち上げました。
JAUでは「鍼灸技術の標準化と業界の発展」という理念を掲げ、「超音波エコーと鍼治療を普及させる」ため、
鍼灸師の教育にメンバー全員、全身全霊で活動させていただいております。

トリガーポイント療法からファシアリリース(エコーガイド下刺鍼)へ

超音波エコーを導入したことで、「経験、感覚、イメージの世界の鍼治療」が、
「リアルに目でみえて、誰もがわかる」ようになりました。
そして、「安全・安心・的確」に鍼治療が行えるようにもなりました。
今までわからなかったトリガーポイント(過敏化した侵害受容器)が、
ファシア(線維性結合組織の総称)にあることもわかってきました。
このように鍼治療も超音波エコーと組み合わせることで、
新しい時代に突入いたしました。

私の役割

①慢性疼痛で苦しんでいる、ひとりでも多くの患者様のお役にたちます。
痛みがあると、日常生活の質が下がり、やりたいこともままならず、つらく苦しい思いをします。
痛みは体験した人にしかわかりませんので、患者様達の苦しみとつらさが私にはよくわかるのです。
つらさや苦しみを自分が経験しているからこそ、人に伝えられることがあるし、
なんとしてでも患者さんの痛みを取り除きたい!と常に本気で全力を尽くし治療しております。

 

 

②多職種連携できる鍼灸師を育成するために、
日本超音波鍼灸協会での教育事業にも全身全霊で取り組んでおります。
私ひとりで治療できる人数には限界があります。そのため質の高い鍼灸師を育てる必要性に気づかされました。
質が高いとは、多職種(医師、理学療法士、看護師など)と連携、共存、発展できるレベルのことですので、
とても時間と労力がかかりますが、自分の使命なので率先垂範していきます。

 

③質の高い鍼灸師が活躍できる環境(病院内雇用創出、独立開業)を創り、
慢性疼痛患者様を減らす努力を続けていきます。
今の鍼灸業界は働く場がとても少ないです、とてもいい技術、知識、人間性をもっていても、実践する場が少ないのが現状です。
そのため、当院では鍼灸師が活躍できる環境を増やす努力をしております。
具体的には、鍼灸院での雇用創出、ペインクリニックでの雇用創出ができておりますが、
まだまだ環境が足りませんので、
今後は医療機関での雇用創出を増やしていきたいと考えております。

 

この3つの私の役割を叶える為、これからも日々努力を積み重ねていきますので、
私の思いに、共感、賛同していただける患者様達、医療者の皆様、どうか末永くよろしくお願いいたします。

 

院長 吉村亮次